NPO法人LGBTの家族と友人をつなぐ会のトップページへ戻る

LGBTがテーマの児童劇 東京公演のお知らせ

名古屋を本拠地に置く児童劇団うりんこが、来年1月、東京のこまばアゴラ劇場にて、『わたしとわたし、ぼくとぼく』を再演します。

この作品は、昨年夏上演、好評を博したもの。セクシュアル・マイノリティの子どもを主人公に、ジェンダーをはじめとするひとの多様性について考える問題作です。作・演出を、カミングアウトしているゲイの劇団フライングステージ代表の関根信一氏が担当しているのも注目です。

子どもに限らず大人も「みんなと違う自分はダメかも」「普通って何だろう?」って落ち込んだり、悩んだりしていませんか? 親子で観ても、大人一人で観ても、感じ入る処がきっと見つかります。

詳細はこちら⇒www.komaba-agora.com/play/6529

2018年12月9日