NPO法人LGBTの家族と友人をつなぐ会のトップページへ戻る

「ハートをつなごう」で『HIV/エイズの30年』が3日連続放送されます!

ハートをつなごう
 
HIV第4弾「HIV/エイズの30年」
 
1981年、世界初のエイズ症例が報告されてから30年。
「原因不明の奇病」だったエイズは、HIVというウィルスに感染し、免疫力が低下することで起こると判明。
「感染=死」であった状況も、服薬を続けることで、体内のウィルスをコントロールできるまでになりました。
しかし、病院での診療拒否、家族や友人にさえ病名を伝えられないなど、HIV/エイズへの偏見・差別は、
今も根強く残されています。
さらに、感染者報告数が19000件を超え、増加に歯止めがかからない状況にもかかわらず、
まるで「自分たちとは関係のない病」とでもいった、奇妙な”無関心”が社会を覆っています。
HIV/エイズへの「恐れ」、「排除」、そして「無関心」はどのようにして生まれたのか?
それぞれの立場でHIVに関わり続けてきた人たちの証言で、この30年を振り返り、考えていきます。

放送予定:
11月28日(月)~11月30日(水)午後8時~8時29分(Eテレ<教育>)
再放送:
12月5日(月)~7日(水)正午~12時29分(Eテレ<教育>)
 

2011年11月27日